by

マイカーローンは総量規制対象外になる?

総量規制とは、個人の借り入れが、年収の1/3までに制限されるというものですが、総量規制対象となるか総量規制対象外となるかのポイントは、貸金業法に定める貸金業者に該当するか否かで決まります。例えば、消費者金融が発行するカードローンや、信販系のクレジットカードのキャッシング機能などは総量規制の対象となります。一方で、銀行や信用金庫が発行するカードローンについて考えてみると、銀行や信用金庫は銀行法の対象となっているため、貸金業法が定める貸金業者に該当しないため、総量規制対象外となります。マイカーローンについても同じことで、銀行や信用金庫のマイカーローンを借りた場合には総量規制対象外となります。それでは、貸金業者に該当する消費者金融やクレジットカード会社のローン商品がすべて総量規制の対象となるかというと、例外として総量規制対象外となるものがあります。貸金業法において、総量規制対象外となるものが具体的に規定されていて、例えば、マイカーローンや住宅ローン、リフォームローンや事業向けローンなどです。また、クレジットカードのショッピング機能も総量規制対象外となりますので、例えば車の購入費用をクレジットカードで購入した場合には対象外となります。実際にマイカーローンは、銀行や信用金庫で借りることが多いのでそもそも銀行法の対象として総量規制には該当しませんが、仮に貸金業法に定める貸金業者からマイカーローンを借りたとしても除外規定に該当するということになります。
総量規制対象外のキャッシングは収入証明書不要で借りられる?はこちら

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.